雪の日も雨の日も、園児たちの元気な声で1日が始まります。
学年に関係なく、園児たちみんなで遊んだり体操をしたりします。
学年ごとに分かれ、年間指導計画にそってお絵かきやお歌を唄います。
さあ、楽しみなお弁当の時間です。今日のおかずは何かなあ。
ふたたび学年ごとに集まり、本を読んだりダンスをしたりします。
幼稚園の楽しい1日が終わりです。

入学式
子どもたちが一日の少しの時間を、大好きな家族と離れて仲間と過ごす大切なスタートが入園式です。「ようちえんって、どんなところかな」「あのおもちゃで、あそぼうかな」「ともだちがたくさんいるな」等、わくわく感もあるけど家族の手をしっかりにぎりしめて不安な顔もある入園式。「泣きたいときは、泣いてもいいんだよ」と伝えます。子どもの心から学ぶ姿勢を大切にすべての子どもたちが自分らしさを発揮するように、そして、名寄幼稚園の仲間と安心して過ごせる場所になるようにと願っています。
イースター礼拝
イースターは、主イエスキリストの復活を祝い、礼拝をします。その後、きれいに飾られたゆで卵をもらいます。
園庭の桜
名寄幼稚園の園庭にはイチョウの木だけではなく大きな桜の木があり、春になると見事な花を咲かせます。入園したばかりの園児をやさしく見守ってくれるようです。
お花見
お天気のいい日は、お弁当を持ち寄って、桜の木の下でお花見です。
親子遠足
春の遠足では、幼稚園から浅江島公園までの道のりを子どもたちと保育者で歩きます。年長さんと年少さんで、年中さんは年中さん同士で手をつなぎ、お話を楽しんだり歌を歌ったりしながら一緒に歩いて行きます。ゴールの浅江島公園ではお家の方たちが迎えてくれます。「よく頑張ったね!!」「かっこよかったね」と抱きしめてもらって、子どもたちもにっこり笑顔。到着後はみんなで集まって、神様にお祈りしたりダンスを楽しんでから、みんなでお弁当を食べます。お弁当後は、お家の方と一緒に公園であそびます。
親子運動会
「みんなでつくろう運動会」をテーマに、子どもたち、お家の方、保育者みんなで協力し合って運動会をつくり上げていきます。子どもたちは4つの縦割りのチームに分かれ、力を合わせて競技を楽しみます。年長さんは係活動として、体操係、スタート係、つなひき係などの係に分かれてお仕事をします。役割を持って自分たちで協力し運動会をつくり上げていくということが、一つの自信と成長にもつながっていきます。この写真はスタート係さんが、スタートラインまで年少の子どもたちを誘導している様子です。
年長児おとまり会
年長さんは、和寒町の研修館「楡」という所で、子どもたちと保育者だけでお泊まり会をします。電車に乗って和寒へ行き、プールあそび、楡の探検、花火、お風呂など楽しみます。布団や食事の準備、身じたくなども、自分たちで協力し合いながら行います。お家の人と離れ、1日の生活を「自分の力でできるよ」という自信が大きな成長へとつながります。
水遊び
しっかりと準備体操をしてから「足はここにかけて~・・・」と先生からの注意を確認しながらプールに入ります。安全に注意をしながら、みんなで楽しみます。
夏休み
ご家族と共に、園生活では体験できない旅行、海水浴、キャンプ等を楽しんで下さい。北国の夏をおおいに満喫して、二期に元気な姿で登園して来て下さい。
バス遠足
大型バスに乗って旭川空港へ見学に行きます。一般では入ることのできない空港消防も見せてもらい、日本一大きな消防車や医療資材の搬送車など、子どもたちは夢中で見つめています。消防車の運転席にも乗せてもらいました。消防のすぐ近くには滑走路があり、着陸して来た飛行機に、みんなで手を振ったり、間近で見る迫力に子どもたちも大興奮。帰りのバスではぐっすり眠る姿もたくさんあります。
収穫感謝祭
春から種まきや苗植えを行い、水やり、草取りなど自分たちで世話をして野菜や花を育てていきます。夏から秋にかけて収穫し、自然の恵みに感謝しながらお弁当時にみんなで分け合って食べています。その一環として、10月に収穫感謝祭を行っています。自分たちで育てたじゃがいも、大根、にんじん、かぼちゃなどをつかって豚汁とかぼちゃケーキを調理して味わいます。
年長さんは薯を洗って皮をむき、裁断まで。年中さんは、年少さんが皮をむいた人参や大根を銀杏切りに挑戦。お手々はニャンコの手が基本。年少さんは、ピーラーを使って、大根や人参の皮むき。皮でなく実をドンドン削ってしまったり。みんな、ケガをしないように真剣に取り組みます。
ハロウィン
10月の末に、園児たちが各クラスおもいおもいにおばけの衣装を作り、幼稚園内のどこかや教会・英語学園などの3ヶ所くらいを回ります。年長さんは「トリックアトリート」と、年中少さんは、「お菓子ください」と言って回りお菓子をもらいます。
もちつき
日本古来の伝統行事として、おもちつきも楽しみます。一人ずつ杵を持ってぺったんぺったんついたおもちを自分で一口大に丸めます。大根、にんじん、などを入れたおつゆをかけて、お雑煮にしていただきます。おもちが苦手という子でも、「自分でついたおもち、おいしい!」と食べてしまう姿もあります。
アドベント礼拝
「クリスマスって何だろう?」と話し合う事から始まってイエス様のお誕生日をみんなでお祝いしようと楽しみながら取り組んでいきます。クリスマスの4週間前から毎週アドベント礼拝という時間をもち、みんなで歌を歌ったり、クリスマスのお話を聞きながら、クリスマスを楽しみに待ちます。
クリスマス会
ダンス、聖誕劇のオペレッタ、合奏など、子ども達が楽しんで取り組んだ活動をお客様の前で披露します。どのダンスや楽器、役をやりたいかということも、子どもたちで考え、話し合って決めています。
お掃除
冬休みに入る前に、年中さん年長さんは普段使っている自分のイスやお道具トレーなど、お教室のお掃除をします。「一緒に遊んでくれてありがとう」と心を込めてきれいにします。年中さんは、一列に並んでぞうきん掛け!楽しみながらのお掃除風景です。
冬休み
お正月を迎えるこの時期各ご家庭の新年行事を大切に、そして楽しんで下さい。日本の伝統文化を知る大事な機会となることでしょう。
雪中運動会
ピヤシリスキー場で、おうちの方と一緒に体をいっぱいに動かして雪遊びを楽しみます。雪の斜面に並べたジュースを拾う競走など、寒い中でも元気いっぱいに雪の感触を楽しみます。
豆まき
寄幼稚園ではひとりひとりが、心も体も元気に過ごせますようにとの意味を込めて日本古来の伝統文化である節分を迎えます。各学年ごとに工夫したお面等を作製し身につけ、まめまきを楽しみます。
伝える会
年長さんが、年中少さんにこれまでの園生活で培ってきた、いろいろな遊びや遊具のつかい方・ルールや幼稚園の楽しみ方を伝えてくれる会です。
「片付けるときは、ここをこう持つと安全だよ」「フラフープはこんな風にまわします」。入園した頃にはできなかったのに、卒園を前にした今日は立派にお披露目します。年少さんや年中さんの尊敬のまなざしを浴びて、みんなちょっと誇らしげです。
お別れパーティー
卒園を控えた年長さんに、ありがとうの気持ちをこめて年中・少さんがパーティーを開きます。野菜を切ってカレーライスを作り、会場準備や飾りつけをして年長さんを迎えます。みんなで考えた年長さんへのありがとうのメッセージも大きな声で伝えます。
会食では年中・少さんが作ったカレーを食べながら「これ、ぱんだぐみさんが切ったの?」、「年少さんでもこんなにできるんだ」と、年長さんからステキな言葉が出てきます。それを聞いた年中・少さんも、お兄さんお姉さんに認めてもらったうれしさでニッコリします。

卒園式
名寄幼稚園の子どもたちは、元気にあそびさまざまな活動を通して仲間を大切にする心が大きく育ちました。
一人ではなく仲間と共に育ちあった喜び・自信が卒園児から感じ取れます。
心を合わせ仲間と共に体験することで培われた経験は、これからの歩みに大きな自信となり神様の愛を信じて歩んで下さい。感謝をもって送ります。

Copyright(c) 2017 学校法人北海道キリスト教学園名寄幼稚園 All Rights Reserved.